外壁塗装を注文した流れと感想

築20年が過ぎ塗装にひびが入り外壁塗装をすることに

築20年が過ぎ塗装にひびが入り外壁塗装をすることに / ネットの一括見積サイトを利用して塗装会社を選ぶ / 価格の安い業者を選び作業を開始する

築20年が過ぎると、戸建ても色々な個所が寿命を迎えるものです。
その中でも前々から気になっていたのが外壁です。
薄汚れている箇所ももちろん気になったのですが、それよりも気になったのが、所々塗装にひびが入っていたり、中には浮き上がって剥がれたりしている部分もありました。
また、太陽が当たる南側の壁と当たりにくい北側の壁とでは、明らかに色合いが違います。
太陽が当たるほうの壁は、紫外線の影響なのか塗装が薄くなっている感じがするのです。
そろそろ外壁塗装の塗り替え時期が来ているのは明らかでした。
よくよく考えてみると、家を雨風から守ってくれているのが外壁ならば、その外壁を守っているのが外壁塗装なのです。

だから、寿命が来ればそのまま放置しないで、塗り替えることが大切です。
塗り替えることによって、見た目も綺麗になるので、その意味でも遣り甲斐があります。
外壁塗装会社を選ぶにあたっては、特に付き合いのある会社があるわけではなかったので、ネットの一括見積もりサイトを利用しました。
すると、すると後から合計6社ほどの塗装会社から連絡が入り、見積もりを取ってもらうことになりました。
仕事の休みの日に合わせて来てもらうことになったのですが、6社もあるので時間が重ならないように調整するのが大変でした。